小学生から英語の勉強は必要か?塾に行かせるべき?

子供の英語勉強

2020年の教育改革で、小学3年生から英語の授業が必修化されることが話題になりました。

また、大学入試においても英語科目は民間の英検やTOEICの点数が使われることになっています。

 

このように、以前とは違って子供に英語を学ばせるということがとても重要になってきます。世の中の流れがそうなってきていると言えます。

現代では小学生の中高学年にもなると塾に通いはじめる子が増えています。と言ってもこれまでは主に国語・算数・理科・社会がメインの科目だったことでしょう。

しかし、国の教育改革が発表されてからは塾も英語を教えることにより力を入れるようになっているようです。

 

このような背景の中、自分の子供にも英語の塾に通わせたほうが良いのかどうか悩むお母さん・お父さんも多いことでしょう。

今回はこの点について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

小学生に英語の勉強は必要か?

先に結論を言ってしまいます。

小学生から英語の勉強は必要です

これはもう避けようがありません。

時代の流れ、国の方針、子供の将来、どこから考えても今後の子供の人生の中で英語は絶対に身につけておいて損はありません。いえ、損がないどころか身につけておかないと逆に損をしてしまうでしょう。

 

具体的になぜ小学生から英語の勉強が必要なのかについてですが、

とにかく、今後英語教育のボリュームが増大する!

冒頭で述べました、2020年の国の教育改革によると以下のことが既に決定しています。

  1. 小学3・4年生で「外国語活動」が開始
  2. 小学5・6年生で「英語(教科)」が導入
  3. 中学・高校の英語授業は「英語で行うことを基本とする」
  4. 大学入学共通テストで「4技能評価、民間資格・検定試験」の活用

これを見るだけでもいかに国が英語教育を重要視しているかがわかると思います。

小学校で英語を習わなかった親世代からすれば信じがたい変わりようですがこれが現実です。

また、厚生労働省の調査によると、外国人労働者数は2008年が49万人だったのに対し、2017年には128万に増加しているそうです。

このペースで行けば会社の大小に関わらず、外国人と一緒に英語で働くことがどんどん増えていきます。そうなると英語ができるできないでその人の評価も大きく変わってきますよね。

スポンサーリンク

小学生に英語の塾は行かせたほうがいい?

というわけで、小学生にも英語の勉強は絶対にさせたほうがいいということがわかりました。

それでは、次に気になるのが小学生の頃から英語の塾にも通わせたほうがいいのか?という問題です。

普通の塾よりもむしろ英語の塾に通わせたほうがよい!

もしも、今お子さんを国語や算数の塾に通わせているであれば、それよりも英語の塾に通わせたほうがいいです。

なぜかといいますと、国語・算数・理科・社会というのは、極端な話「読む、書く、理解する」ことで身につけることができるからです。つまりやり方次第では、塾に行く必要はなく、学校の勉強や参考書でなんとかできてしまうからです。

 

ところが、英語はそうはいきません。「読む、書く、理解する」以外に、「話す、聞く」という技能が必要になってくるからです。こればかりは参考書ではどうにもなりません。実際に話したり聞かない限り身につきようが無いですよね。

 

そうなると、授業以外で英語の能力を高めるには英語の塾に通うという選択肢しかないということになります。

 

また、以前横浜国立大学が入学前に英検2級を取得した人に対して授業料を全額免除するということを発表して話題になりました。

おそらく、今後も英語ができるというだけで様々な恩恵を受けることのできる機会が増えてくると思われます。

であれば、国語や算数よりも英語の学習に力を入れるというのは決して間違っていません。

 

もちろん、英語以外の科目も塾で学ぶことで子供の学力は伸びるでしょうから、時間や経済的にゆとりがあるのであれば、他の科目についても塾で学ぶに越したことはありません。

英語の塾の代わりになる勉強法は?

ここまで、時間や費用にゆとりがあるなら子供に英語の塾に行かせた方が良いと書いてきました。

そうは言っても、家計の問題や自宅の近くに英語を教えてくれる塾が無い…。そんなケースもあるかと思います。

そんな時に、塾以外で子供に英語を身に着けさせることができる方法をいくつか紹介したいと思います!

方法その1:公文

公文といえば算数がメインという印象をお持ちかと思いますが、今は公文も英語に力を入れています。

費用も比較的安いですし、Eペンシルという聞き取りを訓練できる教材も用意されています。難点は「話す」訓練ができないということでしょうか。

>>公文の英語について詳しくはこちらの記事をどうぞ

公文の英語は効果あるの?口コミを徹底まとめしました!

2018.02.22

方法その2:オンライン英語教材

今は自宅で英語の学習ができるように様々なオンライン英語学習教材が用意されています。パソコンやタブレットで遠隔授業を受けたり、DVDや動画で学ぶこともできます。

また、最近はYouTubeで無料の英語レッスン動画を見ることができたりもします。塾や公文と違いお子さんの勉強できるタイミングで時間に縛られずに学ぶことができるメリットがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?これまで述べてきたように、今後のお子さんの人生を考えた時に、英語の勉強は絶対にさせてあげたほうがいいです。

英語の塾に通わせてあげる余裕があるのであれば、ぜひ行かせてあげましょう。

塾に行ってあまり英語の成績が伸びなかったとしても、お子さんが進学した後や社会人になった後で、小学生時代に学んだ英語の基礎は必ず役に立ちます。特にリスニング能力は小学生頃までが一番身につくと言われています。

就職してから英語の会話が必要になった時に、小学生時代に学んでいた人とそうでない人とでは大きな差が付くと思われます。

 

お子さんの英語教育を検討されているのでしたら、ぜひ積極的に英語の塾に通わせるという選択肢も考えてみていただけると幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です