【ママ必読】2020年教育改革に対して今からやっておくべきこと

前回の記事では2020年の教育改革で具体的にどのようなことが起きるのかを書きました。

【最新版】教育改革とは?2020年までに一体何が起こるのか?

2018.02.26

今回は、2020年に向けて様々なことがすでに動き出している教育改革に対し、現状で親として何ができるのか?何か対策しておくべきことはあるのか?について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

これは絶対理解しておきたい!国が教育改革をする理由

教育改革への対策を考えるにあたって、絶対に外せない要素があります。

それは「なぜ国はここまで大規模な改革を行うのか?」という理由です。これを理解しないと対策を打とうにも的はずれなことをやってしまう可能性があります。

理由その1.日本の労働生産性の改善

1つめからちょっとむずかしい言葉になってますが、意味していることはとても簡単です。

日本の人口がどんどん減ってきていて、高齢者はどんどん増えてきているということはご存知だと思います。

日本が長寿大国だと言っても、このままだと働ける人は減り続け、元気な若者の負担はますます増えていくことが予想されます。

そんな中、近年日本の労働生産性の低さが問題となっています。なんと、先進国の中でも日本の労働生産性は最下位なのです!

これだけみんな必死で働いてるのなんだか哀しいですね…。

そして、労働生産性が低いのに肝心の労働者人口も減ってきているのですから、このままいけば悲惨なことになるのは目に見えています。

国もこの点をとても心配しており、これからの未来を担う子供達が日本の中で世界と渡り合える人材に育っていけるように試行錯誤しています。

理由その2.グローバル化への対応

先程の人口減少、少子高齢化とも関係した話です。ただでさえ労働生産性の低い日本では、このままではいろいろな分野での国際競争に負けていってしまいます。

あなたの身の回りでも、いろいろな海外の製品を使う機会は昔に比べ増えてきていると思います。それだけ海外の国は頑張っているということです。日本としてもこのままではイカンということですね

さらに、今後人口が減っていく中で、外国人労働者も増えてきて、大小問わず多くの会社で仕事の中で英語を使う機会が増えます。

国際共通語である英語をマスターしていることはもはや必須といえるでしょう。

理由その3.教育の公平化

上記の2つの理由はある意味とても厳しい理由と言えます。

しかし、この3つ目の理由はありがたく感じる方も多いと思います。

現状の日本の教育システムでは、裕福な人や学力の高い都市に住む子供にとって有利なシステムとなっています。

教育改革により、オンライン教育の充実、受験一発勝負ではない試験方法が行き渡るようになれば、地理的に不利だったり、運悪く体調不良や天候状況で受験チャンスを逃すといったことも無くなるでしょう。

スポンサーリンク

2020年教育改革において必要とされる能力とは?

2020年の教育改革が実施される背景の中に「高大接続改革」というコトバがあります。

何やら難しそうなコトバですが、カンタンに言ってしまうと、高校と大学が一体となった教育改革を意味しています。

この改革を達成するために、国は学力の3要素というものを掲げています。

学力の3要素とは、

  1. 知識・技能の確実な習得
  2. それを元にした思考力、判断力、表現力
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

と、これまた難しい言い回しですね(^_^;)

ここで重要なのは、この学力の3要素を満たしているかどうかを入学試験で判定するということです!

つまり、今後の試験問題はこの学力の3要素を身に着けているかどうかを何らかの形で判定するということですね。

学力の3要素を身につけるために親ができること

それでは、この3要素を身につけるために必要な能力をどのように身に着けていけばいいのでしょうか?

現状では学校も塾も2020年教育改革に対しての対策が具体的にあまりできていない状況です。今から対策するにはご家庭での努力が避けては通れません。

もう一度学力の3要素を振り返ってみます。

  1. 知識・技能の確実な習得
  2. それを元にした思考力、判断力、表現力
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

この内の「1.知識・技能の確実な習得」というのはこれまでの学校の授業や塾での学習をこれまでどおりがんばっていけば身についていくことと思います。

次に「2.思考力、判断力、表現力」の身につけ方ですが、単に教科書や参考書を読んだり、問題集を機械的に解くのではなく、なぜそうなるのか?どういう過程を経て解答に導かれているのか?をより意識させる必要があります。

お母さんが問題集の丸つけをする際も、この点を強く意識して、子供と対話をしながら答え合わせをすることを習慣づける必要があるでしょう。

最後に「3.主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」です。

これは、授業外でのお子さんの活動がとても重要になります。クラブ活動でも、町内会活動でもなんでも良いので、集団の中に子供を入れてあげることです。できれば何かの目的を持った集団であることがベストです。

また、もう一つはよりインタラクティブな授業を取り入れている塾を見つけることです。

塾生同士で問題について議論したり、自分たちが主体となって調査して、答えを導き出し、それをみんなの前で発表ことで3つ目の要素を身につけることできるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は2020年の教育改革に対して、なぜ教育改革が行われるかの背景と、今から準備できることについてでした。

大切なのはなぜ国が教育改革を行うかを理解して、学力の3要素を身につけるために、お子さんのどんな能力を伸ばせば良いのかを考えることが重要です。

今後少しずつ、学習塾も教育改革や新しい受験制度への対策カリキュラムが出てくると思います。

その時に今回の記事に書かれていることを塾の授業内容が満たしているかどうかの判断基準にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です